ボトルは原則的に再利用する

色々な種類があるウォーターサーバーの中で、オーソドックスなタイプと言えるのは、ガロンボトルを採用したものです。12リットル分の水が入ったボトルをサーバーの上部に設置して使用するタイプで、ボトルがしっかりしているのが特徴です。基本的にはボトルは再利用し、交換用の新しい水が届いたタイミングで回収してもらうシステムです。ウォーターサーバーの中には、使い捨てボトルを採用しているものもありますが、毎回新しくボトルを作るためのコストがかかります。それに対してガロンボトルは再利用が原則で、費用は洗浄や消毒分くらいで済みます。そのコストの分を料金に反映させられるため、ガロンボトルを採用したウォーターサーバーの料金は比較的安いです。

利用するためには条件がある

ウォーターサーバーで使用するガロンボトルは、基本的に12リットルサイズなので、ひとつ当たりの重さが12kgあることになります。そして、ほとんどのウォーターサーバーは、ボトルの取り付けサービスを行っていません。そのため、12kgの重さがあるボトルを持ち上げて、サーバーに取り付けられる筋力があることが、利用の条件となります。また、複数のボトルを使用する場合、回収される日が来るまで、空になったボトルを保管しておかなければなりません。再利用が前提のガロンボトルは、潰すことができないため、まとまったスペースの確保必要となります。その重さと保管スペースの問題が解消できれば、ガロンボトルを選択して、比較的安い料金でウォーターサーバーを利用できるでしょう。