2種類がある水道水浄水型

ウォーターサーバーの中には、定期的に水が入ったボトルが届くのではなく、自宅にある水道水をろ過するものもあります。その水道水浄水型のウォーターサーバーには大きく分けて2種類があり、ひとつは水道と直結させるタイプです。既存の水道管に工事をして分岐点を作り、一方をウォーターサーバーに繋げる形です。このタイプは水道から常に水を補給するため、水不足になることがありません。もうひとつは利用者が水を補充するタイプで、普通の蛇口から出てくる水を、大きめの水差しなどでウォーターサーバーのタンクに移し替えます。水が足りなくなったら補充するのが手間ですが、使用するためにはコンセントさえあれば問題なく、工事は必要ありません。また、水道から遠く離れた場所でも使えるという強みがあります。

特に気兼ねせずに水を使える

水道水浄水型は、使用する水の量を気にせずに済むのが強みです。水道直結タイプはもちろん、タンクに補充するタイプも、補充する回数が増えるだけで、水の使用量に上限がありません。また、下限もなく、全く使用しない状況がある程度続いても問題ないです。定期的に水が届くタイプと違って、いつまでに水を消費し切らなければならないというノルマがないからです。したがって、使用する水の量が安定しない場合に向いていると言えるでしょう。使用する水の量に合わせて、注文するボトルの数を変更する必要もありません。さらに、そもそもボトルがないため、使い終わったボトルを潰して捨てたり、回収される日まで保管しておいたりせずに済むのも強みです。