水道水をろ過するタイプ

ウォーターサーバーには、名水地から採取した水や地下水を使った天然水タイプとは違う、RO水を用いたものもあります。RO水とはROという逆浸透膜フィルターを使用してろ過した水で、元となるのは普通の水道水です。ROはミクロレベルの非常に小さい穴が開いているフィルターで、水道水に含まれる不純物のほとんどを取り除くことができます。そのため、RO水は安全性が高く、使用する水に気を遣わなければならない赤ちゃんのミルク作りにも取り入れられます。また、RO水はあくまでも水道水なので、名水地近くに採水設備を用意する必要がなく、採取のコストがかかりません。ろ過工場まで直接水道を引けば問題ないため、運搬のコストも抑えられます。したがって、ウォーターサーバーの利用料金は比較的安い場合が多いです。

ミネラルを追加したタイプもある

RO水は水道水に含まれる物質をひと通り取り除きますが、その中にはミネラルも含まれます。ミネラルは水の味に影響を与えるものなので、味わいを重視してウォーターサーバーを選びたい人には向かないかもしれません。ただ、味がないという特徴は、料理に活かせる可能性があります。料理に使用しても味に影響しないため、細かい味付けにこだわりたい場合に適しています。また、RO水のウォーターサーバーの中には、一度ROによって不純物とミネラルをひと通り取り除いた後で、ミネラルだけを追加するものもあります。そのタイプだと、天然水タイプに近い味わいを実現できる場合があります。もし、味も重視したいけれども、ミネラルを追加したRO水で満足できるのであれば、料金が安く済みます。